トップ > 0 ライテクで他人と差をつけるには? > ライテクで他人と差をつけるためには?-ライテクで差をつける2つの大事なこと

【ツーリング初心者でも簡単にバイクを扱えるようになれます!】
「初心者」でも自由自在にライテクできる
驚きのバイクツーリングテクニックに興味がありませんか?
【全国でライテク講習会実施中&ライテク仲間交流会あり】

※今だけ≪限定公開≫ですのでタイミングにより
終了していたらゴメンナサイ!
大変好評につき、お早めに確認を!

【実際の体験者の感想は上記で確認できます】

ライテクで他人と差をつけるためには?-ライテクで差をつける2つの大事なこと

バイクのライディングテクニック(ライテク)を理解すると
いろんな場面で必要になってきます。

ライディングテクニック(ライテク)を覚えておくのと
知らない場合では、事故の遭遇率や自分で事故を起こす
確立が違ってきます。

さて、そんなライディングテクニック(ライテク)ですが
他人との違いをつけるにはどうしたらよいのでしょうか?


バイクのライディングテクニック(ライテク)を
颯爽と行なって走っている姿をみると、バイクに興味が
ない人でもかっこよく見えてしまうものです。

ライディングテクニック(ライテク)を身に着けるコツは
「練習を積むこと」以外に最短の道はないです。

練習を積み、上級者やプロから正しいアドバイスを受ける。
これしか方法はないでしょう。

そして、ある程度、ライテクについて上達してくると
ライバルと違いを出したくなってくるものです。

では、ライテクで他の人と差をつける方法を
紹介したいと思います。

1)バイクの運転能力

バイクのライテクでライバルと差をつけるために大切な
ことは、早めに状況を察知して、危険を予測しながら
運転を行なう判断力と応用力が大切です。

バイクの運転には危険がつきものです。
そうした危険を予測する力はとても大切なものに
なりますので、予測する力を身につけることが大事なのです。

2)コーナーリング

バイクのコーナーリングではスムーズに曲がることを
意識して行なうことが大事です。
コーナーリングの際、Uターンをするときは低速で走行する
ことを心がけていかなければなりません。

バイクは基本的に、後ろのブレーキは右足で操作をする
ものですが、足で操作をするために繊細な操作をしにくい
状態になっています。
そうした場合に、ブレーキを踏みすぎてエンストして
しまうことも多いようです。

そして、ブレーキを踏みそこない、オーバーランを
してしまうのです。

それを防ぐためには、後ろのブレーキを操作する感覚を
覚えることで防ぐことができます。

こうしたブレーキやコーナーリングの扱いなどは
やはり何度の練習を行なわなければできるように
なりません。

プロのテクニックを参考にするなどして、自分なりに
ライテクの技を磨いていってください。

【ツーリング初心者でも簡単にバイクを扱えるようになれます!】
「初心者」でも自由自在にライテクできる
驚きのバイクツーリングテクニックに興味がありませんか?
【全国でライテク講習会実施中&ライテク仲間交流会あり】

※今だけ≪限定公開≫ですのでタイミングにより
終了していたらゴメンナサイ!
大変好評につき、お早めに確認を!

【実際の体験者の感想は上記で確認できます】
この記事のカテゴリーは「0 ライテクで他人と差をつけるには?」です。
ライテクで他人と差をつける方法を紹介しています
関連記事

ライテクで他人と差をつけるためには?-ライテクで差をつける2つの大事なこと

バイクのライディングテクニック(ライテク)を理解すると いろんな場面で必要になっ...